中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

IT事業会社の株主・経営者様

事例Summary

・ 自身が創業したIT事業会社の株式を売却し、売却後も代表者として経営に関与していた
・ その後、売却先から、売却した株式の買い戻しと損害賠償を請求され、当事務所へ相談
・ 契約条項の解釈、前提事実、その他利害関係をベースに交渉した結果、損害賠償を負わず、さらに売却額より低い金額で
買い戻すことで決着

インタビュー

ⅰ.赤松弁護士と知り合った経緯などを教えてください

自身で創業した会社を、赤松さんに会う前に売却していました。

当初売却したときは、相手も大きい会社で関係も良かったので、弁護士には頼まず、相手から提示された契約書を自分なりに検討して、必要と思うところは修正を依頼し、契約していました。

売却後も、私は代表取締役として会社に残っていたのですが、売却してしばらく経ったあと、売却先から突然

「売買契約に違反したので株式を買い戻せ」「さらに損害賠償も請求する」

という内容証明郵便が届きました。

相手の言うことにはもちろん納得いかなかったのですが、もはや自分の手に負える問題を超えていると思い、付き合いのある方に相談したところ、第一中央法律事務所を紹介されました。

そこで、案件の中身がM&A絡みということで、事務所のなかでもそのあたりに詳しい赤松さんに、チームに参加してもらうことになりました。

 

ⅱ.差し支えのない範囲で、ご依頼やサポートを受けた内容を教えてください。

売却先から求められた金額は、とても払えるような額ではありませんでした。

また相手は、「ありとあらゆる法的措置を取る」などと言ってきており、精神的にもきついところがありました。

今となっては大袈裟に聞こえるかも知れませんが、当時は、離婚して自己破産も避けられないかも知れない、と本気で悩みました。

しかし赤松さんから、相手がいうことだけに惑わされず、現実的なこちらや相手の強み・弱みを分析し、冷静に理解できるようアドバイスをもらいました。また代理人として矢面に立ってくれ、相手の弁護士とも直接交渉してくれました。

交渉するにあたっては、

・どういう材料を集めれば良いのか

・同じ材料でも、弁護士と本人のどちらから出すのが効果的か

・いつ出すのが良いか

などなど、全体の戦略から具体的な戦術についても、ストーリーを描いて大きな力になってくれたと思います。

 

おかげさまで、最終的には話し合いで決着することができました。
裁判沙汰になれば、下手すると年単位で、プレッシャーを抱えた苦しい時間を過ごすところでしたが、結果としては数ヶ月で解決に至りました。

しかも、自分が売却したときよりも低い金額で株を買い戻すことで、事業や経営を続けられることになりました。

損害賠償も払う必要はありませんでしたし、もちろん、離婚も自己破産もしていません。

 

ⅲ.赤松弁護士に頼んで、どのような点が良かったと感じていますか

勘所を押さえて、必要なことを、ポイントをついて助言してくれたのが良かったです。
相手とも関係を持ちつつ、事業もやりながらの交渉ですと、色々なノイズも多かったのですが、それに惑わされないよう、最低限押さえる交渉ポイントや、事実・証拠などを教えてくれて、非常に心強かったです。

また、トラブルで精神的な負担も相当なものでしたが、常にタイムリーに相談にのってくれたことで、非常に救われました。相談に対するお返事や、文書類のチェック・作成など、とにかくレスポンスが早くて安心できました。

あるとき赤松さんに、大量の資料をどさっとデータで送ったことがありました。さすがに中身を一から説明しなければ、と思っていたら、打合せのときにはすでに内容を理解したうえで、踏み込んだ質問をしてきたのには、おどろきました。

弁護士さんて大変だなと思いました(笑)

 

いまでは、会社の事業に専念でき、おかげさまで順調です。

ありがとうございました。

その他の解決事例

電子機器製品販売会社 創業者

・民事再生手続を使い2ヶ月で事業の売却・移転を完了 ・取引の中断や取引先の離反といった事業への影響を 最小限におさえての事業継続を実現 ...

IT事業会社の株主・経営者様

・ 自身が創業したIT事業会社の株式を売却し、売却後も代表者として経営に関与していた ・ その後、売却先から、売却した株式の買い戻しと損害賠償を請求され、当事務所へ相談 ・ 契約条項の解釈、前提事実、その他利害関係をベースに交渉した結果、損害賠償を負わず、さらに売却額より低い金額で 買い戻すことで決着 ...

老舗BtoC事業会社 オーナー経営者様

・ クライアント様は、50年以上続く老舗のBtoC事業会社の株主兼代表者 ・ 会社の株式が親族内で一部分散しており、その集約も課題 ・ 親族間で分散した株式を裁判所の手続などを使い代表者に集約 ・ 株式の取りまとめ後、会社の株式100%を他の事業会社へ譲渡 ...

関連業種を営む事業会社の買収

・会社の成長戦略としてM&Aを活用し、関連業種を営む会社を買収 ・M&Aに際してのデュー・ディリジェンスと契約交渉をサポート ...

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00