中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

M&Aを弁護士に依頼するメリットは何ですか?

SUMMARY

専門的、特殊な取引であるM&Aについて、法務面からフォローやアドバイスを受けられる
・ 完全にクライアント一方の立場に立つ
・ 経営者、オーナーの不安を解消するコンサルティング機能もある
・ 会社、経営者、オーナーの代理人として、関係者と直接協議交渉が可能(弁護士法72条)

まず何と言っても、M&Aにかかわる法務について、有資格の専門家からアドバイスを受けられることです。

M&Aには、会社や事業にかかわる一般的な知識に加えて、M&Aに特有の専門的な法律や契約実務にかかわる知識と経験が求められます。
実際にM&Aが決まっていない場合でも、そもそもM&Aを選択肢として考えられるのか相談できたり、将来のM&Aを見据えて、会社の法務体制の整備を相談することもできます。

 

弁護士の場合、利益相反の観点から、必ず一方のみをクライアントにします。

売主と買主双方から依頼を受けるケースがある、M&Aの仲介会社等との大きな違いです。したがって、依頼者・クライアントにとっての最善は何か、という観点で業務にあたります。

 

M&Aも交渉事の一つです。

利害の対立する関係者と、日常的にシビアな交渉に取り組んでいる弁護士に、M&Aの交渉も依頼できるのは大きなメリットです。

なお、弁護士は、法令上の守秘義務も負っていますので、この点も安心材料の一つになろうかと思います。

会社や事業は、常に生きて動いています
M&Aは会社の命運を左右する重大事ですが、M&Aを検討中であったり、あるいは実際に交渉が進行中であっても、経営者やオーナーは、M&Aのことだけ考えれば良いわけではありません。日々の業務や将来への対応にも注力しなければなりません。

専門的なサービスを提供し、信頼できる弁護士に依頼することができれば、経営者・オーナー様の負担や不安を軽減し、最善の成果を目指して活動してくれます

その他のM&Aなどに関するQ&A

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00