中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

デューディリジェンス(DD)とは何ですか?

SUMMARY

・ デューディリジェンス(Due Diligence / DD)とはM&Aなどの際に行う調査のことです。
・ M&Aでは、取引対象が一点物の会社や事業のため、売り買いするにあたっての判断材料として、対象についての調査と情報入手が必要になります。
・ DDの種類(対象)は、ビジネス、財務、法務などが中心です。ケースによっては、労務・人事、不動産、税務、IT、知的財産権など、対象をより細分化しかつ詳細な調査を行う場合もあります。

デューディリジェンス(Due Diligence / DD)とは、M&Aや投資の際に、対象となる会社や事業、価値やリスクに関して行う調査のことです。

M&Aでは、取引対象が一点物の会社や事業であるため、一見して内容や価値を把握することが難しい、という特徴があります。このためM&Aでは、取引に際して、このデューディリジェンス(DD)と呼ばれる調査をするのが一般的です。
DDは、買い側だけが行うのが主流かつ一般的ですが、売り側でDDを実施するケース(Seller’s デューディリジェンス/セラーズDD)もあります。

DDでは、
基礎情報や重要情報、実態の把握および整理
価値や収益力将来性シナジー効果などの把握および評価
リスクや簿外債務などの有無、それらの影響の大小対処や回避可能性
といった事項を、調査していきます。

DDに関するより詳しいご説明については「デューディリジェンス(DD)とは」をご参照ください。

その他のM&Aなどに関するQ&A

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00