中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

M&Aの基本的な流れを知りたい

SUMMARY

・ 以下の流れで進むのが一般的です。

M&Aの検討から準備

対象企業や事業の価値算定

相手先候補の探索

候補先との守秘義務契約の締結

候補先からの意向表明書の提出

基本合意書の締結

デュー・ディリジェンスの実施

最終契約に向けた協議・調整

最終契約の締結

クロージング

M&Aのスタートから実行までにどのような過程を経るかは、M&Aの端緒や相手先の意向・関係性、関わる当事者の進め方などによって、ケースバイケースというのが実情です。

目安となる一般的・基本的な流れは、以下のとおりです。

 

① 自社におけるM&Aの可能性の検討
② M&Aの可能性をふまえた社内体制等の準備
③ 対象企業や事業の価値算定(売り側の立場として把握)
④ M&Aの相手先の探索(仲介会社等との契約)
⑤ 候補先との守秘義務契約の締結 ~ 基礎情報の提供
⑥ 候補先からの意向表明書の提出 ~ M&Aのスキーム、基本条件等の協議・交渉
⑦ 候補先との基本合意書の締結
⑧ 最終契約に向けた買い側による調査・デューディリジェンス(DD)の実施
⑨ DD結果をふまえたスキーム、条件、契約等についての最終的な協議・交渉
⑩ M&Aにかかる最終契約の締結
⑪ M&Aの実行(クロージング) ~ 譲渡の実行、対価の支払
⑫ M&A後の対応

私たちの「M&Aリーガル・コンシェルジュ」サービスでは、以上のM&Aのすべての過程において、専門的な立場で法務支援をご提供します(「M&Aリーガル・コンシェルジュ」の具体的なサービス内容については、こちら)。

その他のM&Aなどに関するQ&A

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00