中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

M&Aにはどのような手法があるのですか?

SUMMARY

  • M&Aの手法としては、株式譲渡、事業譲渡、会社分割、合併、資産譲渡、増資、業務・資本提携など様々な手法があります。
  • ・ ただし、中小企業のM&Aという文脈では、大半が株式譲渡か事業譲渡に集約されます。

M&Aというと、通常は企業(会社)や事業にかかわる経営権の取得や譲渡を広く指します。

 

M&Aの手法としては、一般には、株式譲渡や事業譲渡、合併や分割といった直接的に会社や事業を移転させるもののほか、広い意味では増資の引き受け、業務・資本提携といったものがあります(一般的なM&Aの手法についてのご説明はこちら)。

ただし、中小企業のM&Aという文脈では、手法の大半が、株式譲渡か事業譲渡のいずれかに集約されます。

なぜなら、M&Aの対象は「会社」もしくは「事業」であるところ、「会社」の経営権を表すのが株式であり、会社を構成する主な価値が「事業」だからです。

会社という法人を経営権とともに丸ごと移転するのが株式譲渡、会社を構成する主な価値のうち「事業」を移転するのが事業譲渡、ということになります。

なお、売り側・買い側の双方にとって会社(株式)を丸ごと移転するのでは都合が悪い場合もあります。そのような場合には、先に会社分割や事業譲渡を実施し、移転対象の切り分けをしてから、その後で株式を譲渡する、という方法によることもあります。

その他のM&Aなどに関するQ&A

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00