中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

後継者が不足あるいは不在でもM&Aはできますか?

SUMMARY

  • 後継者が不在でもM&Aはできます
  • ・ むしろ、そのような企業、経営者様がM&Aを活用する機会が増えています

後継者が不在であるからといって、M&Aをあきらめる理由にはなりません。

むしろ、後継者不足に悩む企業、経営者への解決策として、外部のリソースを有効活用して事業を存続させるM&Aの手法に注目が集まっています
自社のリソース(資産、取引関係、人材、のれん、技術、伝統・歴史やネットワーク等)を外部に承継しつつ、社内に不足するリソース(後継者等)を承継先に補完してもらうことで、事業を存続・発展させ、win winの成果をもたらすことができるのも M&Aの醍醐味です。

経営者ご自身の処遇についても、事業をM&Aで第三者へ承継し、経営を安定化させつつ、元々の経営者がM&A後も一定期間会社に残り、時間をかけて事業や経営のノウハウ、ネットワークを承継先へ引き継いだり、社内の後継者を育成したりするケースもあります。

その他のM&Aなどに関するQ&A

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00