中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

事業承継とM&Aの関係について知りたい

SUMMARY

事業承継の一つの方法として、M&Aの活用を推進する動きが活発です。

事業承継とは、会社の事業や経営を、後継者へ引き継ぐことをいいます。

昨今、中小企業庁のレポート等により、我が国における後継者不足、廃業問題の実態が明らかにされています。
後継者の見つからない企業の多くが廃業を選択した場合、これに伴う雇用・技術やGDPの喪失など、国家規模での重大な損失が予想されるため、事業承継問題は、国を挙げて取り組むべき課題と認識されています。
そして、事業の承継先に関して、親族や社内関係者のほか、社外の第三者へ事業を承継する方式(「第三者承継」)として、M&Aが注目されています。

M&Aによる第三者承継のメリットとしては、以下が挙げられます。

  • ・ 親族や社内に後継者がいない場合でも、承継先の候補者を外部から幅広く探索できること
  • ・ 後継者不在等を理由とした廃業を避け、会社や事業の存続、雇用継続が確保できること
  • ・ 承継先の資本や信用力などのリソースを活かした事業拡大や積極投資も可能な場合があること
  • 創業者や現経営者が、会社売却により売却益を得られる場合があること

かつては、M&Aというと、身売りやのっとりなどのイメージをもつ経営者も多かったですが、近年では国を挙げて事業承継対策に取り組んでいることなどもあって、アレルギーや抵抗感も薄れてきています。

むしろ、有力な事業承継手法として、その効用が期待され、中小企業のM&Aが注目を浴びています

その他のM&Aなどに関するQ&A

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00