中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

事業売却までの基本的な流れ

《基本的な流れ》
売り側の立場で、M&Aにより会社や事業を売却する場合の、一般的な流れは以下のとおりです。
各項目の内容については、別のページにてご説明します。

 

① 自社におけるM&Aの可能性の検討

② 関係者への相談、情報収集

③ 仲介会社・ファイナンシャルアドバイザーなどへの業務依頼 / 候補先の探索

④ 会社や事業の価値算定

⑤ 候補先への基礎情報(ノンネーム)の提供

⑥ 候補先との秘密保持契約の締結 ~ 一部詳細情報の提供

⑦ 候補先からの意向表明書の提出 ~ 候補先の選定

⑧ 候補先との基本合意書の締結

⑨ 候補先によるデューディリジェンスの実施・対応

⑩ DD結果をふまえた最終契約に向けた協議・交渉

⑪ M&Aに関する最終契約の締結

⑫ M&Aのクロージング

⑬ M&A後の対応

 

 

 

M&Aの手法

デューディリジェンス(DD)とは

M&Aにかかわる契約書類など

事業承継とは

M&Aによる事業売却までの一般的な流れ

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00