中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ

M&Aをご検討の中小企業経営者様(こんな方)へ

親族や従業員の後継者が不足 あるいは 後継者がおらずお悩みの経営者様

  • 会社や事業を引き継いでくれる後継者がおらず 社長の引退とともに廃業も検討
  • 中期的な事業の資金繰り、収支に問題はないが、長期的な会社・事業の将来について不安をかかえている
  • 顧客や取引先への供給責任から事業自体は残したい

会社や事業を引き継いでくれる外部へのM&A(会社・事業売却)という選択肢があります。
自社のリソース(資産、取引関係、人材、のれん、技術等)を外部に承継しつつ、社内に不足するリソース(後継者等)を承継先に補完してもらうことで、事業を存続・発展させ、win winの成果をもたらすことができるのも M&Aの醍醐味です。

事業承継の概略説明

「事業承継とは何ですか? / 今なぜ事業承継が注目されているのですか?」

その他の関連記事はこちら

「事業承継とM&Aの関係について知りたい」
「後継者が不足あるいは不在でもM&Aはできますか?」

CONTACT US

中小企業のM&A・事業売却のためのリーガルコンシェルジュ
ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください
第一中央法律事務所 弁護士赤松平太(登録番号 31768)

電話受付時間 平日9:30〜18:00